グループインタビューとは

グループインタビューとは、数名の調査対象者が司会者の発言に対して自由に意見を言い合う調査メソッドのひとつで、日本では座談会といわれることも多い手法です。

司会者をモデレーターということがあり、欧米ではひとつの職業として認められています。場を仕切る能力が必要なのでやってみると意外と難しいことに直面することが多いものです。

ほかの参加者の意見が参考になり新たな考えを述べることができる、ほかの参加者の意見に反対意見を述べることでディスカッションが活性化する、などグループで調査を実施することには大きなメリットがあります。逆に、ほかの参加者の意見に同調してしまうこともある、などデメリットもあります。

グループインタビューのモデレーターは、場を仕切ることと同時に、おのおのの参加者の本音を引き出すことが求められます。

参加対象者が富裕層となると話はさらにやっかいです。同じ日時に同じ場所に集まることが前提として必要となりますので、そこからして難しいといえるでしょう。

富裕層グループインタビューに関して言えば、当社は個別の判断基準を持っています。

ページ上部へ戻る